学術集会(演題募集要項と概要)

第25回肺塞栓症研究会 学術集会

日 時2018年12月1日(土)10時~(予定)
場 所秋葉原コンベンションホール
東京都千代田区外神田1-18-13 電話:03-5297-0230
http://www.akibahall.jp/data/access.html
当番世話人伊藤 正明 (三重大学大学院循環器・腎臓内科学教授)
後藤 信哉 (東海大学医学部内科学系(循環器内科)教授)

会員外の方でも医療関係者であればご参加いただけます。不明な点は事務局までお問い合わせください。

演題募集要項

1. 第25回肺塞栓症研究会学術集会 演題募集

  1. 1)一般口演
    肺塞栓症ならびに静脈血栓症に関する基礎的・臨床的研究、症例報告など、幅広い分野からの演題を募集いたします。

  2. 2)要望演題

    ※要望演題より「肺塞栓症研究会アワード(優秀演題賞)」を選考いたします。

    ・要望演題1「重症肺塞栓症に対する治療選択」
     ショックまでは至らないが重篤な肺塞栓症症例の治療の選択には常に頭を悩ませられる。 欧州および本邦のガイドラインが改訂されたが、Intermediate-High(中-高)リスクの症例においては血栓溶解療法を行うか抗凝固療法のみとするかは明示されていない。本要望演題は例えば血栓量が多い・合併症がある・右心負荷所見が著明である場合など、重症PEにおける治療の判断に迷うような例における治療選択を議論したい。治療成功例・反省例を問わず広く症例を募ることで、前向きな議論が行われることを期待したい。

    ・要望演題2「出血リスク評価法」

    ※プログラムの都合により一般演題(ポスター発表含む)での発表となることがありますが、ご了承ください。

2. 応募資格

演者あるいは共同演者の中に1名以上の本研究会会員を含む。


3. 演題の申し込み

演題登録システムを利用したWeb演題応募となります。
奮ってご応募くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

演題登録画面

※新規登録の際は、最初にアカウントを作成してください。

  1. ログインボタンの下の、「アカウントをお持ちでない方」をクリックいただき、アカウントをご作成ください。
  2. アカウントを作成すると、仮登録メールが届き、演題登録が可能になります。

4. 口述発表の方法

PCプレゼンテーションに統一いたします。枚数の制限はございませんが、発表時間は制限させていただきます。投影面は1面と致します。

5. 発表記録の作成

ご発表内容は「心臓」に掲載致しますので、ご協力の程宜しくお願い致します。投稿規程は、研究会当日にお渡し致します。

6. 応募期間

平成30年8月29日(水)~9月28日(金)10月5日(金)
演題募集を締め切りました。

7. 演題受領の確認

ご応募いただいた演題には、電子メールにて自動的に演題受領通知が送信されます。登録、修正作業後2日を過ぎても受領通知がない場合は、登録内容に誤りがある場合がございますので、下記の演題登録窓口にお問い合わせください。

8. 演題登録に関する問い合わせ先

株式会社メディカルトリビューン 演題登録窓口
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-8-21 虎ノ門33森ビル 7F
株式会社メディカルトリビューン内
E-mail: jasper-mt@medical-tribune.co.jp

9. 問い合わせ先

肺塞栓症研究会 事務局
〒102-0075 東京都千代田区三番町2 三番町KSビル
株式会社コンベンションリンケージ内
TEL:03-3263-8697 FAX:03-3263-8687
Email:jasper@secretariat.ne.jp